無理のないプランで債務整理

自己破産の扉

« 債務整理と任意整理とはどう違いますか | メイン | 「個人年金保険」と自己破産 »

2005年07月29日

粉飾決算でも倒産できる?

「直前の決算書が実態を反映していません。この場合でも破産できるでしょうか。」


聞かれることもあります。

特に悪意で不実の記載をしたのでなければ多くの場合大丈夫です。


会社の帳簿類は会社の実態を反映しているべきです。
しかし、業績の不振な会社が単なる懈怠により、又は借入れの際の便宜のため
決算書等に実際より良い内容の記載をしてしまうケースがあります。
これはいざ破産となった際に明るみにでます。
ただ通常、他の会社で行われている程度を超えて特に悪意でもって不実の記載があるという場合でなければ、経営者の個人責任まで追及されることはあまりありません。

 

無料の債務整理相談をご利用ください。

そろそろ借金問題を解決したい!新しい人生をスタートしたい!という方、まずはあなたのご希望、お悩みをお聞かせください。

当事務所は新宿御苑前駅すぐそば。お仕事帰りにもご相談が可能です。
お住まいが遠い方、ご来所が困難な方の相談も受け付けております。
>>遠隔地にお住まいの方、ご来所が困難な方へ

  • 0120-888-234
  • 債務整理相談 予約フォームはこちら

【完全予約制】
郡司弁護士が直接、お客様からお話をお伺いします。一日にお受けできるご相談には限りがございます。 ご来所の前には必ずご予約をお願いいたします。
※現在、多くのご予約をいただいております。お急ぎの方はなるべくお早めにご予約ください。

自己破産解決ネット」東京弁護士会所属 郡司総合法律事務所
〒160-0022 東京都新宿区新宿二丁目9番22号 多摩川新宿ビル4階
電話:0120-888-234(受付:平日10:00~20:00)
電話、メールでの法律相談は御遠慮願います。
  • 自己破産
  • 任意整理
  • 個人再生
  • 過払い請求
  • 弁護士費用
  • 遠隔地の方へ
法人のお客様 企業の倒産再生手続き

当事務所は、会社の倒産を多数扱っております。迅速な倒産手続きで再起業、再出発のサポートを致します。代表者の方および御家族の個人破産、債務整理も丁寧に対応いたします。
>>企業の倒産再生手続き

私が弁護士の郡司 淳です。

東京弁護士会所属 弁護士 郡司淳
>>プロフィール