無理のないプランで債務整理

自己破産の扉

« 勤め先からの借入れ その参 | メイン | 債務整理のデメリット »

2005年09月04日

勤め先からの借入れ その四

「勤め先から借り入れがあります。
これを除外して債務整理できますか。」

よく聞かれます。
3日前からの続きですが。

どうしたらよいか
自己破産・個人再生はどうしてもできないのか?
勤めを辞めることなく、自己破産・個人再生はできないのか?

できます。

「勤め先の借り入れだけ先に返済してしまう」のです。

そんなことをしたら、
自己破産は債権者平等だったんじゃないか?
あとで偏った弁済〈偏頗(へんぱ)弁済〉
として免責をもらえないんじゃないか。
と疑問に思われるかもしれません。

そうならないためには
「自分のお金で返済しない。」ことです。

つまり自己破産は「債務者の」総財産から
総債権者に平等に配当する手続きです。
ですから「債務者の」財産からの返済でなければ
破産手続きの目的に反しません。
仮に配当となった場合の配当率を下げないので
許される、ということです。

具体的には親兄弟や親しい友人に事情を説明して
代わりに払ってもらうということになります。
妻や夫であってもかまいません。
夫婦別産制ですから。


まとめると、

本人以外の財産から、勤め先に先に返済してしまい、
そのあとで自己破産・個人再生などの手続きをする。

ということになります。

確かに他の債権者からみれば、
不平等感はあるかもしれません。
ただ本来期待できない第三者の財産からの弁済ですので、
仕方ないと考えてほしいところです。

もっとも

「親兄弟、親戚知人には借り尽くしていて
もう誰にも頼めない。」

という方もあるでしょう。
そのような方にも実際には納得のいく方法があります。
これは、また後日(未定)
お急ぎの方はご相談の際、直接聞いてください。

 

無料の債務整理相談をご利用ください。

そろそろ借金問題を解決したい!新しい人生をスタートしたい!という方、まずはあなたのご希望、お悩みをお聞かせください。

当事務所は新宿御苑前駅すぐそば。お仕事帰りにもご相談が可能です。
お住まいが遠い方、ご来所が困難な方の相談も受け付けております。
>>遠隔地にお住まいの方、ご来所が困難な方へ

  • 0120-888-234
  • 債務整理相談 予約フォームはこちら

【完全予約制】
郡司弁護士が直接、お客様からお話をお伺いします。一日にお受けできるご相談には限りがございます。 ご来所の前には必ずご予約をお願いいたします。
※現在、多くのご予約をいただいております。お急ぎの方はなるべくお早めにご予約ください。

自己破産解決ネット」東京弁護士会所属 郡司総合法律事務所
〒160-0022 東京都新宿区新宿二丁目9番22号 多摩川新宿ビル4階
電話:0120-888-234(受付:平日10:00~20:00)
電話、メールでの法律相談は御遠慮願います。
  • 自己破産
  • 任意整理
  • 個人再生
  • 過払い請求
  • 弁護士費用
  • 遠隔地の方へ
法人のお客様 企業の倒産再生手続き

当事務所は、会社の倒産を多数扱っております。迅速な倒産手続きで再起業、再出発のサポートを致します。代表者の方および御家族の個人破産、債務整理も丁寧に対応いたします。
>>企業の倒産再生手続き

私が弁護士の郡司 淳です。

東京弁護士会所属 弁護士 郡司淳
>>プロフィール