無理のないプランで債務整理

自己破産の扉

« 給与差し押さえと債務整理 | メイン | どんなときに、給与差し押さえされますか その2 »

2005年11月04日

どんなとき、給与差し押さえされますか?その1

「どんなとき、給与差し押さえされますか?」


借金の返済が遅れがちだと心配になります。

まず、ありがちなのが、
「公正証書」をとられている場合です。
公正証書を取られていると、いきなり給与差押をされます。


「公正証書」を取られているかどうかわからない、という方が多いと思いますが、
公正証書は、公証人役場というところで、
債権者と債務者が債権の存在について公証人という役人の面前で
”間違いない”ことを確認して「公正証書」という形の書面で
執行力をもらう制度です。

公証人役場など行ったことはない、という人でも
公正証書は債務者の委任状があれば、
債務者が公証人役場に行かなくても作れますので、
“公正証書を作りますよ”という委任状にあなたがサインしていれば、
知らないところで公正証書を作られている可能性があります。

“サインしたかどうか忘れてしまった。”という方は、
自分が印鑑証明を提出していないかどうかを思い出してください。

公正証書を委任状で作る場合印鑑証明が必要ですので、
印鑑証明を出してなければ大丈夫です。

「印鑑証明」というものを知らない、という方は、
市区役所などで、いわゆる「実印」を届けでたかを思い出してください。

自動車の名義変更をしたり、アパートの契約をしたりするときに使うことが
多いですが、そういったことをしたことがない、という人は
おそらくまだ「実印」を作ったことがない、ということになります。

 

無料の債務整理相談をご利用ください。

そろそろ借金問題を解決したい!新しい人生をスタートしたい!という方、まずはあなたのご希望、お悩みをお聞かせください。

当事務所は新宿御苑前駅すぐそば。お仕事帰りにもご相談が可能です。
お住まいが遠い方、ご来所が困難な方の相談も受け付けております。
>>遠隔地にお住まいの方、ご来所が困難な方へ

  • 0120-888-234
  • 債務整理相談 予約フォームはこちら

【完全予約制】
郡司弁護士が直接、お客様からお話をお伺いします。一日にお受けできるご相談には限りがございます。 ご来所の前には必ずご予約をお願いいたします。
※現在、多くのご予約をいただいております。お急ぎの方はなるべくお早めにご予約ください。

自己破産解決ネット」東京弁護士会所属 郡司総合法律事務所
〒160-0022 東京都新宿区新宿二丁目9番22号 多摩川新宿ビル4階
電話:0120-888-234(受付:平日10:00~20:00)
電話、メールでの法律相談は御遠慮願います。
  • 自己破産
  • 任意整理
  • 個人再生
  • 過払い請求
  • 弁護士費用
  • 遠隔地の方へ
法人のお客様 企業の倒産再生手続き

当事務所は、会社の倒産を多数扱っております。迅速な倒産手続きで再起業、再出発のサポートを致します。代表者の方および御家族の個人破産、債務整理も丁寧に対応いたします。
>>企業の倒産再生手続き

私が弁護士の郡司 淳です。

東京弁護士会所属 弁護士 郡司淳
>>プロフィール