無理のないプランで債務整理

過払い請求Column〜利息の法律のお話〜

過払い請求Column 〜利息の法律のお話〜

日本には、利息を制限する法律が2つあります。「利息制限法」と「出資法」といわれるものです。 この2つの法律は、お金を貸し借りする際の利息に対し、異なる上限を定めています。

1)利息制限法
利息制限法は、お金を貸し借りする際、貸し手が借り手から受け取ってもいいと利息の上限を定めています。これを超える利息を借り手が支払う義務はありません。利息制限法に、罰則はありません。

 元本が 10万円未満の場合 年 20% (遅延損害金  29.2% 平成12年5月31日までは40% )
 元本が 10万円以上100万円未満の場合 年 18% (遅延損害金  26.28% 平成12年5月31日までは36% )
 元本が 100万円以上の場合 年 15% (遅延損害金  21.9% 平成12年5月31日までは30%)


2)出資法

元本に関係なく、年利29.2%(平成12年6月1日前の契約の場合は、40.004%)を超える金利を禁止する法律。これに違反すると利息制限法とは違い、厳しい罰則が科されます。

守らなければならないのは利息制限法ですが 罰則が科されないため、多くの貸金業者が出資法上限すれすれの25〜29.2%という金利で貸付けを行っているのです。

だからといって、利息制限法を超えた金利は違法であり、本来ならば無効となります。 貸金業者が、この違法な金利を正当化(合法化)する主張の一つとして、「貸金業の規制等に関する法律」第43条、通称みなし弁済という規定があります。

3)みなし弁済規定
みなし弁済とは、一定の条件さえ満たせば、利息制限法を超える金利を取っても良い、とする規定です。 逆を言えば、一定の条件を一つでも満たさなければみなし弁済規定は適用されません。 みなし弁済規定には厳格な要件が定められています。 簡単にいうと下記のようになります。

・貸し手が貸金業登録業者であること。
・借り手が利息として支払ったこと。
・借り手が利息として(強制ではなく)任意に支払ったこと。
・契約証書(17条書面)を交付していること。
・受け取り証書(領収書)(18条書面)を交付していること。

たとえば、返済をATMでした場合、みなし弁済の規定を満たしません。ATMから発行される小さな明細は、正式な契約書や領収書とはいえないのです。このように条件を全て満たすのは容易ではありません。実際は条件を満たさないまま利息制限法を越える利息をとる貸金業者がほとんどです。 このため利息制限法が適用となり、利息制限法で計算しなおし、借金を減額したり、場合によってはお金を返還するよう請求できるのです。


無料の債務整理相談をご利用ください。

そろそろ借金問題を解決したい!新しい人生をスタートしたい!という方、まずはあなたのご希望、お悩みをお聞かせください。

当事務所は東京 新宿御苑前駅すぐそば。お仕事帰りにもご相談が可能です。
お住まいが遠い方、ご来所が困難な方の相談も受け付けております。
>>遠隔地にお住まいの方、ご来所が困難な方へ

  • 0120-888-234
  • 債務整理相談 予約フォームはこちら

【完全予約制】
一日にお受けできるご相談には限りがございます。 ご来所の前には必ずご予約をお願いいたします。
※現在、多くのご予約をいただいております。お急ぎの方はなるべくお早めにご予約ください。

自己破産解決ネット」東京弁護士会所属 郡司総合法律事務所
〒160-0022 東京都新宿区新宿二丁目9番22号 多摩川新宿ビル4階
電話:0120-888-234(受付:平日土曜 9:30〜20:00) Mail:info@gunji-law.com
電話、メールでの法律相談は御遠慮願います。
  • 自己破産
  • 任意整理
  • 個人再生
  • 過払い請求
  • 弁護士費用
  • 遠隔地の方へ
  • 過払い金返還実例
  • お客様のお声
  • お客様にお選びいただいているのには、理由があります。
  • 弁護士郡司淳プロフィール
法人のお客様 企業の倒産再生手続き

当事務所は、会社の倒産を多数扱っております。迅速な倒産手続きで再起業、再出発のサポートを致します。代表者の方および御家族の個人破産、債務整理も丁寧に対応いたします。
>>企業の倒産再生手続き